一人暮らしの節約アイデア

私は高校卒業してから結婚するまでのあいだ、ひとり暮らしをしていました。 高校卒業後は専門学校に進学したのですが、実家から専門学校には遠かったということと、 早く実家から小さな引越しをして「夢のひとり暮らし」を満喫したかったのでした。

もともと料理するのは好きだったので、専門学校にも手作りお弁当を持参していました。 前日の夜におかずを下ごしらえして、翌朝にご飯を炊いてお弁当箱におかずをつめて・・・。 コンビニや学校でお弁当を買う人が多かったので、 (お昼時になると弁当屋さんが学校にやってきました)手作り弁当を持参することに 「すごいよね~!毎日お弁当を作るなんて!!」などと言われたりしましたが、 私にとってお弁当を作ることなんて、なんの苦にもならないことでした。 むしろ毎日の楽しみであったほど。

お弁当も作り、日々の食事もしっかり作り、 そんな生活を送るなかで「節約料理」は自然と身につきました。 ひとり暮らしをするということは、当たり前のことですがお金の管理も全て 自分自身がやらなくてはなりません。

一ヶ月、何にどれだけ遣うか?光熱費は?食費にはどれだけお金を遣えるか? いろいろ考えながらやりくりしなければならないので、 特に食費面では「節約アイデアレシピ」を考えながら生活しました。 でも、無理なく料理作りを楽しみながら節約していたので、 今思い出してもとても楽しい暮らしでした。

ひとり暮らしの経験があったからこそ、結婚してから専業主婦となった今、 家計のやりくりをこなすことができているのだと思います。 大変なこともあったけれど、今となってはひとり暮らし時代の経験に心から感謝です。