さびしい一人暮らし

私と主人は出会ってすぐの時、お互い一人暮らししていました。 そして私はほかの人と結婚、今の主人とは行き来はしないけどたまに連絡しあう程度の友達になりました。 結婚する前は二人で飲んだり遊んだりしていたので、 「一人暮らしはさびしいな」というメールが来るようになっていましたが、 私には男友達の一人ですので結婚もしたし会うこともありませんでした。

そして私は一年後に価値観のずれで離婚し、また一人になったころ、 今の主人から連絡が来て会うことになりました。 「遊んでくれないからさびしかったよ」と言われ、 「私は自分のせいで自業自得だけどさみしくなっちゃったよ」というと、 「あまりにも一人がつらいから、また昔みたいにあってくれよ」と言われ、 週一以上のペースで会うようになりました。 そして一年後にプロポーズされ再婚しました。 一人暮らしをしてすぐお互い友達になり、 私は離婚して一人になるまでさびしさはありませんでいたが、 主人は私が結婚した時からずっとさびしかったそうです。 そして、私が結婚した時にとても後悔したそうです。

そういえば休みといえば主人と遊んでいましたし、前の旦那とのデートは主人の休みの日、 どちらかといえば主人とのほうが意見もあうし価値観もあいました。 ただ、主人の気持ちがわからなかっただけで、その間に条件のいい人が現れて結婚しただけのことでした。 今は二人で「ずいぶん回り道したね」と話しています。もっと早く気づいていればねと。